あなたが検討している新築一戸建やリノベーションマンションが仲介手数料無料になるかもしれない!更に専門家チームの本格的な住宅診断も無料で受けられる

仲介手数料無料のゼロシステムズは、パワービルダー系の新築なら殆どの物件が最大で仲介手数料無料でお取扱いいたします。建物診断や耐震診断も無料で行います。パワービルダー系(アーネストワン、一建設、アイディホーム、タクトホーム、東栄住宅、飯田産業、ホークワン)や ビルトインガレージの新築一戸建、リノベーション物件などを仲介手数料無料化と建物診断を得意としています。

仲介手数料無料になるか簡単判定
お取扱い無料判定コール

仲介手数料無料になるか電話で判定0120(56)1462

定休日:毎週水、隔週木 営業9:30~19:00

当方からの営業は一切いたしません

お気軽にお問合せ下さい

今、あなたが検討している新築一戸建が仲介手数料無料になるかもしれない!

  • 仲介手数料無料ゼロシステムズの特徴
  • 仲介手数料無料でも専門家が専属担当になる
  • 仲介手数料無料の仕組み
  • 仲介手数料無料でも本格的な住宅診断が無料
  • 住宅の見極め方をご紹介したブログ
  • 最短30分で仲介手数料無料になるか判定できます
  • 早割会員登録でお得に
  • 仲介手数料無料ゼロシステムズはテレビやラジオで数多くの取材実績があります
  • TOP
  • 売主様への注意事項

ゼロシステムズは、売主と買主のトラブル防止の為に契約前に物件を徹底調査するので安心です

建築業者及び売主業者さまへ
ゼロシステムズでは、お客様がご購入を検討している物件の建物診断を行なっております。

《建物診断は建物の粗探しではありません》

ゼロシステムズの建物診断は、「ここが悪い」や「ここが良く無い」など、単に建物の“粗探し”や“ケチをつける”ものでは御座いません。
建物は工業製品ではなく人が造るものですので多少の「傷、汚れ、スキマ、ズレ、不陸」が有りますので、
私どもも、「ある程度の許容範囲」を理解して建物診断をしております。
お客様には、その許容範囲についてもご説明を致します。
通常の規定どおり施工してあれば、それ以上の精度や無理な要求を売主側に指摘する事はありません。

《問題ない物件に限り買付を提出しています》

お客様と内覧する際には、建物の完成度をありのままの事実として包み隠さずお客様にご説明しています。
もし、修復困難な不具合を発見したり、軽微な不具合であっても、それが余りにも多い場合は、
ご契約後のトラブルを未然に防ぐ為にも、そのような物件を無理にお客様へお勧める事は致しません。
従って当社では、大きな問題点や修復困難な不具合が無い物件に限り、買付を提出しております。
逆に言いますと、大きな問題点や修復困難な不具合が存在する物件の場合は、買付を提出致しません。
従って、ご契約後に修復が難しい不具合点を指摘する事は、御座いません。
この事により、当社では、ご契約後に買主と売主が建物の大きなトラブルになったという事は御座いません。

《実際に多い不具合の事例》

最近では、以下のような不具合が多い傾向にあります

  • ・巾木と床のスキマ
  • ・廻縁とクロスのスキマ
  • ・廻縁が無い施工の場合は、壁と天井のクロスの割れ
  • ・入隅のクロスの割れ
  • ・階段の蹴込と踏板のスキマやクロスの剥がれ
  • ・鋼製束の緩みによる床鳴り
  • ・構造用合板とフローリングの接部不良による床鳴り
  • ・床、建具、クロス、玄関ドアの傷
  • ・準防火地域でありながら石膏ボード仕上げが不十分
  • ・サイディング継ぎ目の釘の打つ位置が不適切
  • ・床下の水漏れ
  • ・床下の断熱材の取り付け不良
  • ・床下のゴミや職人の忘れ物
  • ・ベランダの水勾配が不十分
  • ・隠し釘が飛び出している

このような些細な不具合もお客様から見ると欠陥住宅に思われてしまう場合がります。
しかし、上記のような不具合点は、ご契約後の立会いの際でも是正可能と判断して
お客様へありのままの状況と木造住宅の性質と特徴をご説明して
お客様にご理解頂ければ、お客様の判断でお話を進めるようにしております。

下記のような不具合を発見した場合は、ご契約後のトラブル防止の為、
お客様へ物件をお奨めせず売主側には買付けを提出いたしません。

  • ・赤外線サーモグラフィーで発見した天井や壁の断熱材不良
  • ・準防火地域内におけるユニットバス周囲や小屋裏の石膏ボード施工ミス
  • ・床の傾斜が1000分の6を越えている箇所が複数発見した場合
  • ・基礎にヘアクラックを超えるヒビを発見した場合
  • ・完成物件の基礎内部に水深約50mm以上の水漏れを発見した場合
  • ・放射線量が1マイクロシーベルトを超えている事を確認した場合
  • ・電磁波が建物内部のどこで計測しても5ミリガウスを超えている場合
  • ・ホルムアルデヒド飛散量が0.1ppmを超えている事を発見した場合
  • ・耐震診断の評点が1.0を下回る物件を発見した場合・・・等々

これらの不具合は、建物の一部を破壊して是正しなければならなかったり
物件の立地上、売主側では、どうしようも出来ない事柄になります。
ご契約の前段階では、当社も買主も、そこまで売主に是正を指摘する権利は御座いませんので
もし、そのような物件を発見した場合は、買主様に物件の状況をご説明してご購入を断念して頂き
他の号棟の物件や他の現場の物件を御検討するようにお奨めしてトラブル発生を未然に防いでおります。

《売主様側にも当社の建物診断を行なう事によりメリットがあります》

買主様側にとってご契約前に建物診断を行なう事は、様々なメリットがあるのは当然ですが
逆に売主側にも建物診断を行なう事により「ご契約後やお引渡し後のトラブルを未然に防ぐ事が出来る」というメリットが御座います。
ご契約前に当社で建物診断を行なう事により、ご契約後やお引渡し後の建物不具合による買主様からのクレームは飛躍的に少なくなりました。
もし、売主側が第三者の検査機関を入れて報告書を作成して買主側に提示したとしても、
買主の立場で考えると売主側が手配した第三者の検査報告書では、残念ながら買主側に100%信頼して頂く事は出来ません。
ちょっとした不具合やクレームもエンドユーザーは大きな問題に感じる事も多々あります。
インターネットで誰もが情報発信が出来る現代では、ちょっとしたトラブルやクレームでも
お客様は、売主の社名入りでWEB上に公開してしまう事もあります。
ご契約前に建物診断する事により、このようなトラブルも未然に防ぐことが出来ます。

《建物診断の結果は、買主以外に公開は致しません》

建物診断を行なった結果内容を買主以外の第三者に公開する事は致しません。
また、建物診断の際には、多く検査機器を使用しますが建物に傷を付けたりする事は御座いませんのでご安心願います。

《私達の目標はトラブルゼロです》

不動産業界や住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれるくらい何かとトラブルやクレームがつきものと言われています。
当社代表の田中は、過去20年で1000件以上の不動産売買の経験を生かしクレームが発生し易い事項を
予め買主側へ解りやすくご説明する事によりトラブルの発生を未然に防いでいます。
買主側に適切なアドバイスや助言を行い買主側にも建物だけでなく不動産のお取引について正しい知識を身に着けて頂くことにより
誤解から生じるクレームやトラブルが発生しないように心がけております。
“買主とのトラブルやクレームを予防する”という観点からも、売主様側にもゼロシステムズの業務をご理解して頂ければ幸いで御座います。