赤外線建物診断で断熱材欠損や雨漏りも見抜く



新築一戸建での『雨漏り』や『断熱材欠損

本文章の転記や引用はお断りいたします


こんにちは。赤外線建物診断技能士の野方でございます。
今回は、赤外線建物診断について説明させていただきます。

◆新築の雨漏りについて
一般的には、『新築分譲住宅だから大丈夫!』と思われるかもしれませんが、新築分譲住宅であっても、壁内の『雨水侵入(雨漏り)』があること御座いますので注意が必要です。

事例①
 
一見すると何事もない玄関上部   赤外線建物診断で雨水侵入を確認

事例② 


 
※新築室内サッシ上部の雨水侵入部分 


一般的に新築の室内仕上げは、ビニールクロスですので壁内に多少の雨水が侵入しても表面の変化は全くありませんので誰も気が付きません。

しかし、赤外線サーモグラフィーを通して壁や天井を見ると温度変化で壁内の雨水侵入を発見することができます。


◆新築の断熱材の欠損

赤外線建物診断では、雨漏りの他にも壁内や小屋裏の断熱材の欠損状況を確認できます。

 
右写真のようにコンセント下側の断熱材が欠損しているのが解かります。

新築の建売住宅の天井断熱材の欠損



 

赤外線サーモグラフィーでは、断熱材以外にも下地や柱の位置も確認する事ができます。

 

一般的な住宅診断では、完成後の壁内の状況を調べることが出来ませんが、赤外線建物診断では、完成済であっても壁内の断熱材欠損や雨漏りを発見できますので、住宅購入前には、必須の建物診断の一つです。

ゼロシステムズの建物診断では、この赤外線建物診断を無料で必ず実施しますので安心です。


◆ビルやマンションの大規模修繕
ビルやマンションの大規模修繕に必要な建物調査も赤外線診断で実施する事ができます。
その場合、当社と一般財団法人街と暮らし環境再生機構と共同で赤外線建物診断を有償で承ることができます。


※一般財団法人街と暮らし環境再生機構のパンフレットから抜粋


赤外線建物診断は、ビルやマンションに足場を設置して行う外壁打診検査に比べると低価格な調査費用で検査する事ができます。
大規模修繕を検討している管理会社様やビルオーナー様は、是非ご検討ください。

ゼロシステムズで仲介手数料無料でお取扱いできる新築分譲住宅の場合は、原則的に無償で赤外線建物診断いたしますのでご安心ください。

◆ゼロシステムズHOMEに戻る


【関連記事】


値下交渉のコツとポイント

諸費用節約テクニック!280万円を約50万円に節約

『狭小住宅』や『ビルトインガレージ』の問題と実態

建物診断と耐震診断を無料実施

優遇金利を選ぶポイントと注意点 

赤外線建物診断で雨漏り発見

住宅ローン承認事例のご紹介

住宅ローン審査を通すコツとポイント


住宅ローン事前審査と個人信用情報

住宅ローン事前審査の提出タイミング


パワービルダー新築の口コミの実態

年収別の住宅ローン借入金額の限度


各銀行別の審査基準の傾向と対策


みずほ銀行 SBI 新生銀行 徹底比較


仲介手数料無料になるか判定フォーム

仲介手数料無料ゼロシステムズ

著者の紹介


著書『こんな建売住宅は買うな』出版

FMラジオ番組:レギュラー出演中 

お役立ちのブログ  

テレビ出演、ラジオ、取材の履歴

週刊東洋経済に取材されました


今、貴方が検討している物件仲介手数料無料になるかもしれない!

《既に気になる物件がある方》

《まだ具体的な物件がない方》

仲介手数料無料になるかお取扱い無料判定フォーム 早割会員登録



仲介手数料無料ゼロシステムズ運営会社
レジデンシャル不動産法人法人株式会社

【東京オフィス】
東京都港区六本木6-2-31
六本木ヒルズNorthTower17F

【埼玉オフィス】
埼玉県北本市北本1-117
レジデンシャルビル3F


Copyright(C)2015 Residential Estate Corporation.All Right Reserved






不動産買取り専門サイトイーバイキャク物件調査研究所個人情報保護方針