TOP >田中式建物診断 
精密な欠陥検査で購入時の不安を解消
◆精密な欠陥検査で購入時の不安を解消

一般的な住宅診断では、行なわないような検査を実施して欠陥住宅を購入するリスクを回避します。

非破壊検査の実施

一般的な住宅診断に加えて、赤外線・超音波・金属探知機を利用した非破壊検査も実施して隠れた瑕疵を発見します。

耐震診断の実施

新築住宅でも必ず、一級建築士が耐震診断を実施しますので耐震性能が低い新築住宅の購入を避けることができます。

シックハウス診断の実施

電磁波測定、ホルムアルデヒド濃度測定、放射線測定を実施してシックハウスのリスクを避けるアドバイスもいたします。
田中式建物診断とは?

新築住宅の『アタリ』と『ハズレ』を見極める

新築一戸建は、現場監督や職人の能力やモラルにより品質に大きく差がつき、品質の良い「アタリの建物」と品質の悪い「ハズレの建物」が存在します。

例えば、複数棟現場で1号棟は、品質に問題がないアタリの建物でも、2号棟は、品質が悪いハズレの建物ということもあります。

田中式建物診断では、このようなアタリとハズレの物件をご購入前に予め見極めることができます。

仲介手数料無料ゼロシステムズにて、ご契約したお客様に対しては、無料で『田中式建物診断』を実施しています。


※X線(レントゲン)建物検査のみ、オプション検査項目です。
X建物検査の詳細は、田中住宅診断事務所サイトをご参照ください。

田中式建物診断の考え方
田中式建物診断は全て実施 一般的な
住宅診断
1.目視による住宅診断
    仲介手数料無料でも本格的な建物診断
2.機器による住宅診断
本格的な
建物診断
3.非破壊検査による住宅診断
4.周辺環境や健康リスク診断
5.必ず耐震診断を実施


田中式建物診断なら全てを網羅

一般的な住宅診断は、上記1~2の診断のみですが、田中式建物診断は、一級建築士を中心とした専門家チームが全項目の診断を実施して、隠れた瑕疵(欠陥)を発見します。

お引渡までに合計4回の建物診断を実施しますので、完了検査で発見できない欠陥も発見します。

1.目視による住宅診断とは?
仲介手数料無料でも本格的な建物診断

主に目視による住宅診断

目視による一般的な住宅診断では、上記のような欠陥を発見する事が出来ます。

但し、見える範囲での住宅診断ですので、壁内部の断熱材施工不良や未施工、雨水侵入、基礎コンクリートの剥離や空洞などは、発見する事が出来ません。

表面上に見えない部分の建物診断では、専用機器を用いた非破壊検査でなければ欠陥を見落とす事もありますので注意が必要です。
一般的な住宅診断

室内外、床下、小屋裏、水回りなどを目視と触診で建物のコンディションを一次診断
小屋裏点検 小屋裏断熱材 点検2
小屋裏点検 不燃材未施工 巾木 巾木取付不良
床下点検風景 点検 アーネストワン不具合1
床下点検 断熱材欠落 収納裏 巾木パッキン不良
  土台不具合 不具合8
床下水漏れ 小屋裏に残存物 土台欠損 釘の飛び出し
 

2.専用機器をによる住宅診断
仲介手数料無料でも本格的な建物診断
基本的な測定器を使用した住宅診断

住宅診断用の機器を用いて、水平、垂直、含水率、などを診断できます。

但し、一般的な住宅診断で使用される機器で発見できる瑕疵には、限界があります。

表面上に見えない部分の建物診断では、専用機器を用いた非破壊検査でなければ欠陥を見落とす事もありますので注意が必要です。
水平器などを使用する住宅診断

水平器など建物のコンディションを知る為に最低限必要な専用機器による一般的な住宅診断

フロア水平検査
水平器 赤外線レーザーレベラー
   
 木部含水率測定  打診棒での基礎剥離検査

3.非破壊検査
仲介手数料無料でも本格的な建物診断

見えない欠陥を見つける非破壊検査

壁や天井の内部は、建築のプロであっても表面を破壊しなければ内部状況を確認できません。

非破壊検査では、専用の検査機器を使用して目に見えない部分の検査を行ないます。

新築一戸建であっても、目に見えない壁の中の雨水侵入(雨漏り)や断熱材の施工不良などを赤外線建物診断で発見することがあります。

赤外線・超音波・金属探知機を使用

水平器など建物のコンディションを知る為に最低限必要な専用機器による一般的な住宅診断

超音波クラック深度測定器
赤外線
サーモグラフィー
高性能
鉄筋探査機
超音波クラック
深度測定器

玄関上部の
見えない雨水侵入
赤外線建物診断で
一目瞭然
基礎シュミットハンマー検査     
 基礎コンクリート
圧縮強度 
 赤外線建物診断で
一目瞭然
コンセント下部の
断熱材施工不良
 
赤外線建物診断の有効性
◆新築の雨漏りについて
一般的には、『新築分譲住宅だから大丈夫!』と思われるかもしれませんが、新築分譲住宅であっても、壁内の『雨水侵入(雨漏り)』があること御座いますので注意が必要です。
  ◆新築の断熱材の欠損
赤外線建物診断では、雨漏りの他にも壁内や小屋裏の断熱材の欠損状況を確認できます。
一般的な住宅診断では、完成後の壁内の状況を調べることが出来ませんが、赤外線建物診断では、完成済であっても壁内の断熱材欠損や雨漏りを発見できますので、住宅購入前には、必須の建物診断の一つです。

ビルやマンションの大規模修繕

ビルやマンションの大規模修繕に必要な建物調査も赤外線診断で実施する事ができます。

その場合、当社と一般財団法人街と暮らし環境再生機構と共同で赤外線建物診断を有償で承ることができます。

※一般財団法人街と暮らし環境再生機構のパンフレットから抜粋

赤外線建物診断は、ビルやマンションに足場を設置して行う外壁打診検査に比べると低価格な調査費用で検査する事ができます。

大規模修繕を検討している管理会社様やビルオーナー様は、是非ご検討ください。

 

4.周辺環境や健康のリスク診断
仲介手数料無料でも本格的な建物診断
1.電磁波が高いとは?
鉄塔、送電線だけでなく、通常の道路脇の電柱の電線の中にも、高圧線(20万ボルト以上)の場合があります。
そのような電線の近くでは、4ミリガウスを超える電磁波を測定することもあります。
4ミリガウスを超える電磁波を浴び続けると、小児ガンや脳腫瘍の発生リスクが2倍になるという学説があります。しかし、逆に「問題無い」という学説もあります。
どちらの説を信じるかは、人それぞれですが、高価な住宅を購入するのであれば、疑わしき電磁波リスクは避けたいものです。
2.ホルムアルデヒド濃度が高いとは?
近年の住宅は、JAS規定でF☆☆☆☆(エフフォースター)というホルムアルデヒド飛散量が殆どない建材を使用しています。
しかし、全く使用されていない訳では御座いません。
新築住宅の中でも、仕上り程度が悪く、リペア(補修)が多い物件では、リペアの塗料や接着剤が原因で、ホルムアルデヒド濃度が高い物件がありますので注意が必要です。
電磁波・ホルムアルデヒド・放射線を測定

電磁波、放射線、ホルムアルデヒドなど目に見えない健康被害のリスク診断。

ホルムアルデヒド測定器
電磁波測定 ホルムアルデヒド濃度測定
放射線量測定 地デジ電波測定
放射線測定 地デジ電波測定
※地デジ電波測定は、シックはハウス診断ではありませんが、新築分譲住宅では、テレビアンテナが設置されていなく、万一、地デジ電波の受信状況が悪くても売主は保証しませんので、建物診断の一環として測定しています。

各測定濃度については、専門保健機関の測定とは違いますので、あくまでも目安としてご確認ください。
 
5.耐震診断
仲介手数料無料でも本格的な建物診断
一般診断法による耐震診断を全棟実施
新築であっても第三者による耐震診断が必要です。ゼロシステムズで取り扱う全ての新築一戸建の耐震診断を実施しています。※1

特に木造2階建は、建築確認申請の際に、構造計算書の添付が省略されていますので、第三者による耐震診断が必要です。

また、木造3階建住宅は、耐震強度が基準ギリギリの場合がありますので、ご検討物件が木造3階建の場合は、どの程度余裕をもって耐震基準を上回っているかを確認する意味でも耐震診断が重要です。

※1:一級建築士による一般診断法による耐震診断を実施します。構造図があり、在来工法、2×4工法であれば耐震診断が実施可能。構造図がない木造住宅やRC造、S造、SRC造、混構造の場合は、耐震診断できません。
必ず耐震診断を実施

ゼロシステムズでは、新築・中古に関わらず平面図と構造図があれば、契約前に必ず耐震診断を実施してご報告しています。

このような物件には注意が必要
ビルトインガレージ 窓が多い間取り
1階の壁面が少なく、壁量バランスが悪いため、耐震性に問題がある物件がありますので注意が必要です。 窓が多く壁が少ないと壁量バランスが悪い為、耐震性に問題がある物件がありますので注意が必要です。
木造3階建 中古住宅

外部リンク動画:日経BP社
 
市街地にある木造3階建住宅は、耐震基準をギリギリでクリアしている物件がありますので注意が必要です。 現代の基準で耐震診断を実施すると耐震性に問題がある物件が多く、特にS56年以前の物件は、注意が必要です。

耐震診断報告書サンプル    
 

◆耐震評点結果


評点  判定 
1.5以上  倒壊しない 
1.0以上~1.5未満 一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満 倒壊する可能性がある
× 0.7未満 倒壊する可能性が高い
※倒壊しないとは、震度6強~7程度の地震でも倒壊しないレベル

※一応倒壊しないとは、倒壊しない、建物へのダメージが大きいかもしれないレベル

  一般診断法 壁量バランス計算 壁強さ倍率
 
  保有耐力計算 耐震評点 最終結果




ご利用の流れ合計4回の建物診断を実施
たった1回だけの住宅診断では欠陥を見落とす可能性がある

私どもでは、1回だけの建物診断では、全ての欠陥や不具合を発見する事が不可能だと考えます。

田中式建物診断では、引渡までに合計4回の建物診断を実施して、不具合や欠陥を発見します。






ゼロシステムズ公式サイトへ