TOP >住宅ローン >三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行の住宅ローン審査の傾向

◆三菱東京UFJ銀行について

三菱東京UFJ銀行の住宅ローン審査の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

【審査基準】
◆審査金利:3.10%

◆返済比率
35%未満(年収400万円以上)
30%未満(年収400万円未満)

◆最低年収:200万円以上

◆勤続年数:原則3年以上
◆派遣社員:△(派遣先の勤続3年以上)
◆契約社員:△(勤続3年以上)

◆産休育休:○
単独申込み可、年収100%で審査

◆団信謝絶:○(配偶者が保証人になれば非加入可、ワイド団信もあり)

◆諸費用ローン:○(110%まで可、但し金利優遇などに影響あり)

◆完済時年齢:80歳未満


◆年収が少ない人に向いてる?

最低必要年収200万円以上から審査対象になります。
 
◆頭金が少ないでも大丈夫?

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、諸費用やオプション工事も住宅ローンに組込可能(諸条件あり)ですので頭金が少ない方でも対応可能です。

■三菱東京UFJ銀行の特徴Q&A
Q1 三菱東京UFJ銀行の住宅ローンでは、物件価格100%まで組めますか?
A1 フルローン可能です。(物件価格(担保評価)の100%融資可能)
Q2 三菱東京UFJ銀行の住宅ローンでは、勤続年数1年未満でも審査してもらえますか?
A2 勤続年数は原則3年以上ですが属性(公務員や上場企業)により要相談です。
Q3 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン審査では、最低いくらの年収から審査申込み資格がありますか?
A3 最低必要年収200万円以上です。
Q4 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン審査での返済比率の上限は?
A4 年収300万円~400万円未満→30%/年収400万円以上→35%未満の返済比率までとなります。
Q5 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン審査の際の審査金利は?
A5 三菱東京UFJ銀行では、住宅ローン審査の際の金利は、3.55%で返済比率を算出します。
Q6 三菱東京UFJ銀行では、保証料が必要ですか?
A6 保証料が必要です。但し、金利に0.2%上乗せすることにより保証料の支払いが不要になります。
Q7 三菱東京UFJ銀行では、ローン事務手数料が必要ですか?
A7 ローン事務手数料30,000円(消費税別)が必要です。
Q8 変動金利と固定金利の組み合わせや異なる固定金利の組み合わせ(ミックスプラン)は可能ですか?
A8 金利のミックスプランは可能です。
Q9 団体信用生命保険料は、どちらが負担するのですか?
A9 金融機関側の負担です。また、団体信用生命保険に加入できない場合、住宅ローン融資の可否は、要相談になります。
Q10 特定疾病特約付き団体信用生命保険はありますか?
A10 7大疾病特約(別途保険料)も選択できます。
Q11 諸費用ローンやオプション工事も住宅ローンに組み込めますか?
A11 物件価格110%まで可能。但し、優遇金利に影響がでます。オプション工事も住宅ローンに組込可能です。オプション工事の場合、オプション工事請負契約書を添付することにより金利の上乗せで別ローンを組むことができます。
Q12 三菱東京UFJ銀行の完済時年齢は?
A12 完済時年齢は80歳未満です。

◆他の銀行と三菱東京UFJ銀行を比べよう

>>各金融機関の特徴を比べる

<目次>
>ゼロシステムズご利用方法
>銀行別の住宅ローン審査基準の特徴
>銀行別の住宅ローン金利一覧表
>住宅ローン審査のコツとポイント
>諸費用も住宅ローンに組込みたい
>過去の借入問題と個人信用情報CIC
>住宅ローン事前審査のタイミング
>このような事例でも承認されました

仲介手数料無料ゼロシステムズ
トップページへ
 









著書『こんな建売住宅は買うな』幻冬舎出版




Copyright(C) Residential Estate Corporation.All Right Reserved