欠陥住宅モデルルーム

<欠陥住宅を再現したモデルルーム>



世の中に住宅を販売する為のモデルルームは、たくさん御座いますが・・・

わざわざ欠陥住宅を再現して新築したモデルルームは、ここだけでは無いかと思います。

(ネットで調べた限りでは、他に類を見ませんでした・・・)

<欠陥住宅モデルルームを造った目的>

1.建物診断を行なう為の診断手法や診断機器の開発や実験の為。

2.一般の方々に建物の悪い事例をより解り易く具体的にご説明する為。

<欠陥住宅モデルルームの特徴>

1.新築分譲住宅などで多く発見された欠陥や不具合など約50種類を再現。

2.自社ビル内に新築したので安全に欠陥住宅を見学する事が可能。


欠陥住宅モデルルームのブログ記事


外壁や基礎の施工不良の再現




脱着式サイディングで壁内の欠陥を再現 基礎コンクリートのヒビ割れを再現


床下の施工不良の再現




基礎コンクリートの鉄筋を貫通した配管を再現 床下の断熱材欠落を再現


内装の施工不良の再現 






階段の蹴込と踏板のスキマを再現 室内建具の不具合を再現


束の施工不良の再現




床を支えている柱を束(ツカ)と言います。
束の種類は大きく分けて3種類あります。
写真左側から鋼製束、プラ束、木製束



著書の紹介



関連記事
>>建物内覧の際のチェックポイント
>>未完成(建築中)物件を契約する時の注意点
>>100項目を超える田中式建物診断
>>飯田グループHDの評判と口コミを考察
>>建築業者及び売主業者さまへ
 >>住宅診断とは
 >>田中住宅診断事務所
>>発見し切れなかった事柄への対策
 

Copyright(C) Residential Estate Corporation.All Right Reserved