TOP >住宅ローン審査承認のコツ

住宅ローン審査で確実に承認を得るコツ

>最新の銀行別の住宅ローン金利一覧表

>銀行別の住宅ローン審査の傾向と対策

>住宅ローン審査シミュレーション

◆住宅ローン審査とは?
住宅ローン審査基準は、各金融機関で異なります。

お客様の「勤務先」「年収」「自己資金」「既存借入」などの条件により、「審査が通り易い金融機関」と「通り難い金融機関」があります。

私どもでは、多くの金融機関の審査基準を分析しています。独自に『住宅ローン審査シミュレーション』サイトを開発しました。

◆住宅ローン事前審査のポイント

住宅ローン事前審査では、以下1~7の情報を審査されます。
本審査では、以下8~9が対象になります。
1.年収に対しての返済比率
2.物件価格に対しての自己資金比率
3.現在の既存借入状況
4.個人使用情報
5.勤務形態
6.勤続年数
7.勤務先の実態と信用
8.健康状態(団体信用生命保険)
9.物件の担保評価
金融機関では、上記1~9の審査情報の内容が良い顧客の事を「属性が良い」と表現します。
逆に内容が良くない顧客の事を「属性が悪い」と表現します。
当然「属性の良い方」は、スムーズに住宅ローン審査で承認を得られます。
逆に「属性の悪い方」は、否決になる確率が高くなりますので注意が必要です。
それでは、金融機関が考える「属性が悪い」ことについて解説させて頂きます。

住宅ローン審査での20項目の落とし穴

この中で、いくつ心当たりがあるでしょうか?
1.過去7年以内に債務整理をした事がある
2.クレジットの返済日を遅れた事が度々ある
3.現在もキャシングの借入残債がある
4.運転免許証番号の最後一桁が4以上の数字
5.キャッシング枠のあるカードの保有
6.携帯電話を分割払いで購入している
7.自動車ローンの残債がある
8.雇用形態が契約社員、アルバイト、パート
9.自営業(自由業)で確定申告額が少ない
10.健康保険証が国民健康保険
11.保険証の資格取得日が勤続年数と異なる
12.勤務先が小規模又は社歴が3年未満
13.給与体系が時給や日給制である
14.給与体系が歩合制である
15.現在、産休中又は前後である
16.独身である
17.勤続年数1年未満
18.諸費用も住宅ローンに組み込みたい
19.高血圧や糖尿病などの持病がある
20.現在の居住年数が1年未満
上記1~20については、1つでも心当たりがある方は
まずは、『住宅ローン審査シミュレーション』で住宅ローン審査が通らない可能性を調べてから金融機関の住宅ローン審査の申込をしましょう。

住宅ローン審査シミュレーション』では、ご自身の状況に適した最も審査が通り易い金融機関を探します。

住宅ローン事前審査を申込みする際に、その該当する事柄について詳しく説明する必要があります。

何も説明せずに住宅ローン事前審査を申込みすると、金融機関側から「今回は、総合的な判断でお受け出来ません!」と審査不承認になる可能性が御座います。

最近では、金融機関に不承認理由を尋ねても「総合的な判断で・・・」と明確な理由を教えて頂けなくなりました。

不承認理由が判らないとなると不承認を覆す事は困難です。

逆に、上記1~20について、予め心当たりがある事項があれば対策をしてから住宅ローン事前審査申込みする事により「承認」を得られる可能性が高くなります。

上記20項目に該当する方は、まずは「審査が通る金融機関」を見極めた中から、優遇金利や条件の良い金融機関の住宅ローンを選ぶ必要があります。


>住宅ローン審査シミュレーション




◆各金融機関の住宅ローンの特徴を紹介
各記入機関別に特徴を解説していますのでご参照下さい。


各金融機関の住宅ローン審査の特徴

>銀行別の住宅ローン審査の傾向と対策
>銀行別の住宅ローン金利一覧表

>みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
>三井住友銀行
>りそな銀行
>三菱UFJ信託銀行
>横浜銀行
>中央ろうきん
>三井住友信託銀行
>住信SBIネット銀行
>ソニー銀行
>新生銀行
>イオン銀行




Copyright(C)2017 Residential Estate Corporation.All Right Reserved