【TOP】 >住宅ローン
住宅ローン関連記事
>最新の銀行別の住宅ローン金利一覧表
>住宅ローン審査のコツとポイント
>諸費用も住宅ローンに組込みたい
>過去の借入問題と個人信用情報CIC
>住宅ローン事前審査のタイミング
>このような事例でも承認されました



住宅ローン審査で承認を得るコツ
著者:田中勲

◆審査基準は、各金融機関で違う


基本的な『審査方法』は、どの金融機関でも同じですが『審査基準』は各金融機関で異なります。

例えば、お客様の「勤務先」「年収」「自己資金」「既存借入」の条件により「審査が通り易い金融機関」と「通り難い金融機関」があります。

私どもでは、多くの金融機関の審査基準を分析していますので、最も審査が通り易い金融機関をご提案することが出来ます。

◆『事前審査』でチェックされるポイント

住宅ローン事前審査では、主に以下1~7の情報を審査します。
本審査では、以下8~9が対象になります。

事前
審査

審査
審査項目
1.年収に対しての返済比率
2.自己資金比率
3.現在の既存借入状況
4.個人信用情報
5.勤務形態
6.勤続年数
7.勤務先の実態と信用
8.健康状態(団信保険)
9.物件の担保評価


◆事前OKで本審査NGとは?


『事前審査で仮承認を得られた後に本審査で否決された』というお話が時々あります。

しかし、都市銀行(地方銀行も含む)の住宅ローンでは、事前審査OKで本審査NGということは、まず皆無と言ってよいでしょう。

都市銀行の住宅ローン事前審査では、上記1~7の項目を審査します。

住宅ローン審査で最も重要なものが上記『4.個人信用情報』です。

都市銀行に限らずネット銀行でも、個人信用情報に問題があるお客様は、例え他の部分の属性が良くても審査結果は、『否決』となります。

実は、ネットで簡単に『仮審査』ができる住信SBIネット銀行の仮審査では、個人信用情報の確認をしていません。

住宅ローン事前審査をするのであれば、都市銀行系の事前審査であれば間違いありません。

逆に、WEB上だけで簡単にできる『仮審査』や『事前審査』は、あくまでも審査基準に入っているか確認する目安程度となります。

◆『属性』とは・・・?

金融機関では、上記1~9の審査情報の内容が良い顧客の事を「属性が良い」と表現します。

逆に内容が良くない顧客の事を「属性が悪い」と表現します。

当然「属性の良い方」は、スムーズに住宅ローン審査で承認を得られます。

逆に「属性の悪い方」は、否決や減額となる確率が高くなりますので注意が必要です。

それでは、金融機関が考える「属性が悪い」ことについて考えていきましょう。

住宅ローン審査での20項目の落とし穴

この中で、いくつ心当たりがあるでしょうか?
1.過去7年以内に債務整理をした事がある
2.クレジットの返済日を遅れた事が度々ある
3.現在もキャシングの借入残債がある
4.運転免許証番号の最後一桁が4以上の数字
5.キャッシング枠のあるカードの保有
6.携帯電話を分割払いで購入している
7.自動車ローンの残債がある
8.雇用形態が契約社員、アルバイト、パート
9.自営業(自由業)で確定申告額が少ない
10.健康保険証が国民健康保険
11.保険証の資格取得日が勤続年数と異なる
12.勤務先が小規模又は社歴が3年未満
13.給与体系が時給や日給制である
14.給与体系が歩合制である
15.現在、産休中又は前後である
16.独身である
17.勤続年数1年未満
18.諸費用も住宅ローンに組み込みたい
19.高血圧や糖尿病などの持病がある
20.現在の居住年数が1年未満

◆上記の項目に心当たる節がある?


上記1~20について、1つでも心当たりがある方は、住宅ローン審査で不利な事情を抱えていることになります。

住宅ローン事前審査を申込みする際に、その該当する事柄について、ご自身で把握して金融機関に詳しく説明する必要があります。

上記1~20について、予め心当たりがある事項があれば、それぞれの対策をしてから審査申込みすることにより『承認』を得られる可能性が高くなります。

金融機関側に不利な事項を隠して申込みしても、審査で判ってしまいます。

金融機関側から「今回は、総合的な判断でお受け出来ません!」と否決になる可能性が御座います。

最近では、金融機関に不承認理由を尋ねても「総合的な判断で・・・」と明確な理由を教えて頂けなくなりました。

否決理由が判らないとなると否決を覆す事は困難です。

上記20項目に該当する方は、まずは「審査が通る金融機関」を見極めて、その中から、優遇金利や条件の良い金融機関の住宅ローンを選ぶ必要があります。

私どもでは、上記20項目の対策のアドバイスを行ない、お客様が承認を得るのにベストな状況で住宅ローン申込が出来るように致します。

また、都市銀行、ネット銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫、フラット35の様々な住宅ローン審査基準を分析して把握して、最も審査が通り易い金融機関を選定して、その中で有利な優遇金利などを提案します。

住宅ローンで心配な方は、是非、ゼロシステムズまでご相談ください。

>銀行別の住宅ローン審査の傾向と対策

 

仲介手数料無料になるか?
お取り扱い無料判定フォームへ
 

仲介手数料無料になるかお取扱い無料判定電話番号





著書『こんな建売住宅は買うな』幻冬舎出版


仲介手数料ゼロシステムズ運営会社
国土交大臣(1)第8787号
レジデンシャル不動産法人株式会社
本社:埼玉県北本市北本1-117
レジデンシャル本社ビル3F
東京支店:東京都港区六本木6-2-31
六本木ヒルズNorthTower17F
一級建築士事務所:株式会社タマプランニング 
>田中住宅診断事務所





建物診断実績ハウスメーカー

アーネストワン|一建設|三栄建築設計|タクエー|アイディホーム
飯田産業| アイダ設計|桧家住宅|タクトホーム
東栄住宅|ビルトホーム|アサカワホーム|三建アーキテクト
ホークワン| アスティーク| パワービルダー

 

特許庁商標登録
ゼロシステムズ、住宅Gメン、田中式建物診断、不動産せんせい
住宅ドクターは、レジデンシャル不動産法人株式会社の登録商標です。

Copyright(C) Residential Estate Corporation.All Right Reserved