51

道具を使わず出来る建物の傾きチェック!
2014/07/19 16:05

ヒモをぶら下げると傾きが解ります

扉を途中で止めると・・・・
今回は、ご自身でできる中古一戸建などの傾きのチェックポイントを簡単にご説明します。

以前、住宅のご購入をご検討しているM様のご依頼で都内某所の中古一戸建の建物診断をして参りました。

その物件は、立地、価格は申し分無い良い物件でしたが建物自体に著しい傾斜があり、M様には購入を断念して頂きました。

各部屋でデジタル水平器と赤外線オートラインレーザーを使用して傾きを測定したところ、各部屋で一定方向の傾きが計測されました。
具体的には、1000分の6以上の傾きでした。
ホームインスペクターズ協会の住宅診断士の基準から言うと1000分の6以上の傾きは、「著しい傾き」と表現されます。

以前に、M様がご見学した際に仲介業者の営業マンからは、「床の一部が歪んでいるだけだから、建物全体の傾きは無いと思いますよ」と言うような事を言われたとの事ですが、とんでも御座いません。
建物全体が一定方向に著しく傾いています。

結果的には、ご契約を決断される前に建物の傾斜が数値的に解ってM様にとっては、良かったのでは無いかと思います。

それでは、特殊な機器を使わずに、お客様ご自身で、建物の傾斜を判断するには、どうすれば良いかを簡単に説明いたします。

よくパチンコ玉やビー玉を転がすということは有名ですが物件を見学の最中に営業マンや売主の目の前で、
パチンコ玉を転がすには、少し勇気が要りますね!?

道具を使わずに建物の傾斜を判断する方法としては、室内の照明器具などからブラ下っているヒモを片目をつぶってサッシやドア枠に合わせて見てください。
建物が傾いていると、ヒモが斜めになって見えます。

写真のAとBの幅が異なるのが解りますか?(Bの幅の方が短い)ヒモは重力でまっすぐブラ下がっています。
幅が違って見えたら建物が傾いている可能性が非常に高いです。


もう一つは、室内ドアを見るという方法があります。
ドアを途中まで開けて手を離して下さい。
傾いている家は、自動的に!?ドアが開いたり閉じたりします。

特殊に機具を使わなくても、このような方法であれば、
建物の傾きを判断する事が判断できます。

是非、物件のご見学の際には、お試し下さい☆