4

基礎のクラック深度調査
2014/04/04 14:45

クラック深度測定

クラック深度測定

鉄筋調査
今日は、この時期には珍しく時間が空いて事務所におりますので先日導入した最新型のクラック深度測定器を欠陥住宅を再現したモデル棟を使って実験行ないました。

この新型の機器なら今まで計測不可能だったコンクリートのひび割れの深さを超音波を使って計測する事が出来ます。
恐らくこの機械を所有している住宅診断会社は殆どないのでは・・・と思うくらいレアで車が買える位高価な機器です。

使用方法は、5cm、10cm、15cm間隔でクラック部分に超音波を当てて音波の跳ね返りを3回計測してコンピュータが分析してクラックの深さを測定する仕組みです。

ちょっと慣れないと使用方法の難しい機器なので欠陥住宅モデルルームのひび割れを再現した基礎コンクリートで実験を兼ねて練習しています。