34

パワービルダーによる仕様の違い
2014/06/02 11:25

ベランダの手すりの有無の仕様の違い
昨年、パワービルダー6社が経営統合して飯田グループホールディングスという持ち株会社となりました。

パワービルダー6社
・アーネストワン
・一建設
・東栄住宅
・飯田産業
・タクトホーム
・アイディホーム

ところで、同じパワービルダーとなると全て一緒の建物仕様に思われがちですが、
各パワービルダーにより少しずつ仕様が異なりますので注意が必要です。

例えば
タクトホームは、1階のシャッター雨戸は付帯されています。
しかし、一建設は、大きな掃出し窓のみ付帯されていて、腰高窓には付帯されていません。
アーネストワンは、1階のシャッター雨戸は一切付帯されていません。
オプション工事でシャッター雨戸を付けると1窓あたり8万円前後の費用がかかります。
4窓追加した場合、30万円以上の出費になりますので契約前に確認が必要です。

また、殆どの人が気が付かない微妙な仕様の違いは、
ベランダの手すりの有無です。

写真をご覧ください。
手前のベランダには、手すりがついていません。(アイディホーム)
奥側のベランダには、手すりがついてます。(一建設)
このように間違い探しのように微妙に変化しています。

他には、飯田産業の場合、クローゼット内のハンガーパイプがオプションという例もあります。

全般的に言える事は、テレビアンテナ、カーテンレール、網戸は標準で付帯されていません。
追加工事で依頼した場合、全ての開口部の窓に網戸を取り付けると
大よそ8万円台~12万円程度の費用がかかりますので注意が必要です。

従って、網戸、カーテン、カーテンレール、テレビアンテナなど色々取り付けると
30万円程度の出費は避けられませんので注意が必要です。