31

セルフ建物診断チェックポイント
2014/05/16 17:15

和室の廻縁

押入の中の化粧ボード

階段の割れ
建物内覧時にご自身で簡単に建物を見極める為のポイントをご説明いたします。

そんなに難しい事ではありません。

和室に入った際に、天井の縁の木部をご覧ください。
壁と天井の境目の木部の事を「廻縁」(まわりぶち)と言います。
廻縁を見た際に、写真の様な形状で、廻縁の隅の繋ぎ目(入隅)の隙間が広い物件は
基本的に大工さんが上手では無い場合があります。

例えば、廻縁の繋ぎ目に隙間がある物件の場合・・・

次の写真のように押入れの中の化粧ボードの施工が雑な事があります。

さらに、階段の造りも写真の様に蹴込と踏板の間の部分から今にみ釘が出てきそうな割れがあったりする場合があります。

パッと見て、廻縁の施工が雑だと、その他の部分が「雑」という事が多いので、ついつい廻縁に目が行ってしまいます。

皆様も、内覧の際には、廻縁の入隅部分の繋ぎ目をチェックしてみて下さい。