216

非破壊検査(赤外線サーモグラフィー)
2017/05/11 16:55

赤外線サーモグラフィーによる壁内の断熱材検査

ネオジウムマグネットによる壁内のビスピッチ検査
いつも多くのお問合せ有難う御座います!
少し落ち着いてきたので5月からブログの更新を増やそうかと思います(^^)

本日もパワービルダー系の新築物件の建物診断を実施しました。

新築の建物は、表面上に見える部分を正しく施工しているのは当たり前です!

実際の手抜き工事やミス工事は、表に見えない内部の問題が大半です。

赤外線サーモグラフィーで断熱材の施工問題や防水工事不良による壁内の雨水の侵入を調べます。

今回は、問題ありませんでしたが、赤外線建物診断を実施すると十数件の1件の割合で何らかの不具合を発見しますので注意が必要です。

また、完成物件であっても石膏ボードを留めているビスピッチもネオジウムマグネットを使って確認することが出来ます。

これも非破壊検査の一種です。

本日は、問題が無くて良かったです(^^)

赤外線サーモグラフィーによる非破壊検査は、大切だと思います。

関連リンク
http://www.0systems.com/index-m01.html