203

住宅ローン審査に強いゼロシステムズ
2016/12/04 21:35

新生銀行の住宅ローン審査の特徴や注意点をご紹介します。

住宅ローン審査の内容は、各銀行により異なります。

住宅ローンは、「金利」だけでなく「優遇期間」「審査の通り易さ」なども考慮して選択しなければなりません。

また、住宅ローン審査に落ちない為には、コツとポイントがありますので注意が必要です。

■新生銀行の住宅ローンのメリットとデメリット

◆勤続年数が短い方
新生銀行の住宅ローン審査では、勤続年数の規定はありません。

◆自己資金が少ない方
諸費用ローンはありませんが保証料がないので諸費用を圧縮できます。
しかし、新生銀行で100%融資を希望する場合、属性により減額されやすいので注意が必要です。

◆団信に加入できない方は向いてません。
持病で団信に加入できない場合は、住宅ローン借入不可になります。

◆パワービルダー系の新築分譲住宅を購入する場合
住宅ローン審査申込みから住宅ローン資金実行まで1ヶ月以上の時間がかかりますので1ヶ月以内に決済しなければいけないパワービルダー系の新築を購入する場合は向いてません。


■新生銀行の住宅ローンの特徴Q&A

Q1.新生銀行の住宅ローンでは、物件価格100%まで組めますか?

A1.フルローン可能です。(物件価格(担保評価)の100%融資可能)
但し、100%融資は、勤務先や属性により減額される可能性があります。

Q2.新生銀行の住宅ローンでは、勤続年数1年未満でも審査してもらえますか?

A2.勤続年数の規定はありません。

Q3.新生銀行の住宅ローン審査では、最低いくらの年収から審査申込み資格がありますか?

A3.最低必要年収300万円以上です。

Q4.新生銀行の住宅ローン審査での返済比率の上限は?

A4.35%の返済比率までとなります。

Q5.新生銀行の住宅ローン審査の際の審査金利は?

A5.新生銀行の住宅ローン審査金利は、現在は非公開とされていますが、以前は審査金利3.5%で公表されていましたので、恐らく現在も同等だと推定されます。

Q6.新生銀行では、保証料が必要ですか?

A6.保証料が不要です。但しその代り事務手数料5万円かかります。

Q7.新生では、ローン事務手数料が必要ですか?

A7.新生銀行では、ローン事務手数料50,000円(消費税込)です。時期によりキャンペーンで0円になることもあります。

Q8.変動金利と固定金利の組み合わせや異なる固定金利の組み合わせ(ミックスプラン)は可能ですか?

A8.金利のミックスプランは可能です。

Q9.団体信用生命保険料は、どちらが負担するのですか?

A9.金融機関側の負担です。また、団体信用生命保険に加入できない場合、住宅ローン融資が不可になります。

Q10.特定疾病特約付き団体信用生命保険はありますか?

A10.特定疾病特約はありませんが、安心補償付プラン(事務手数料10万円)が選択できます。

Q11.諸費用ローンやオプション工事も住宅ローンに組み込めますか?

A11.物件価格より多く住宅ローンを組むことはできません。。

Q12.新生銀行の完済時年齢は?

A12.完済時年齢は80歳未満です。

Q13.その他の特徴

A13.契約社員も住宅ローン審査対象になります。勤続年数は、勤務先や自己資金により総合的に判断されます。

もう1つの特徴として新生銀行の住宅ローンには、事前審査がありません。

関連リンク
http://www.residential-estate.com/score/