157

X線(レントゲン)建物検査
2015/11/21 14:25

X線建物検査サンプル画像

携帯型X線検査装置 RIX-200MC
オプション検査項目として、X線(レントゲン)建物検査を開始しました。

X線(レントゲン)建物検査であれば、今まで診ることが出来なかった、基礎コンクリート内部の鉄筋の施工状況や木造住宅の壁内部の接合金物の施工状況なども確認できます。

ただし、検査使用するには、現場の状況に2つの条件が御座います。

1.半径5mを立入禁止区域
X線を照射しますので検査中(X線照射中)は、検査箇所の半径5mを立ち入り禁止区域としなければなりません。その為、不特定多数が往来する場所では、X線検査は出来ません。

2.裏側に装置を設置
X線を対象部分に照射する際に、対象部分の裏側にX線を受けるための装置を設置しなければなりません。その為、裏側に装置を設置できない場所(高層階の外壁面など)では、X線検は出来ません。

X線検査にかかる費用は、田中住宅診断事務所の料金表をご参照ください。
http://www.bukken-chousa.com/

より高度な建物診断をご希望される方にとっては、待望の非破壊検査だと思います。
このX線(レントゲン)建物検査は、別途費用の少々高価なオプション検査となますので予めご相談ください。
ご興味がある方は、お気軽にご相談ください。
関連リンク
http://www.bukken-chousa.com/