141

14.給与体系が歩合制である
2017/04/01 00:00

給与体系が歩合制である
住宅ローン事前審査では、所得が不安定な事を嫌います。

給与体系が歩合制の場合は、毎月の収入が不安定な場合があります。

一般的には、源泉徴収票をだけでは、歩合給制か否かの判断は出来ませんので、住宅ローン事前審査の段階でわざわざ「歩合給です」と申告して申込みする必要はありません。

しかし、勤務先により固定給と歩合給に分けて源泉徴収票を2つ発行する会社もあります。

この場合は、源泉徴収票(固定給+歩合給の合計金額)と課税証明書の所得金額が統一かを確認して下さい。

もし、異なる場合は、ご自身が確定申告を怠っている可能性がありますので速やかに最寄りの税務署で確定申告をして納証明書を取得する必要があります。

いわゆる高率歩合の職種は、住宅ローン事前審査で不承認になる可能性がありますが、フラット35や一部の銀行の住宅ローンであれば、審査が通る可能性が高いので予め確認してから住宅ローン事前審査申込みする事をお奨めします。