123

新築の床下断熱材の欠損
2015/08/26 15:55

床下収納ケースを外すと床下が見えます

床下点検口周囲の裏側の断熱材が欠損しています
建物診断の際には、床下を必ず確認します。
その時に、床下点検口の周辺だけ断熱材が欠損している場合があります。

実は、新築の建売住宅では、比較的多い不具合です。
多い時には、新築住宅10件を建物診断して床下を検査すると1ヶ月に数件発見します。

写真をご参照ださい。

建築確認検査機関の完了検査(俗に言う役所の検査)では、床下や小屋裏の施工状況のチェックはありません。
従って、このように床下の断熱材が欠損していたり、床下に水が貯まっていても完了検査に合格してしまい検査済証が発行されてしまいます。

中古住宅に限らず、新築の建売住宅であっても油断せずに必ず床下を点検しなければなりません。